学校教育目標

1.基本目標

自ら考え、心豊かにたくましく生きる児童の育成

2.具体目標

  1. よく考える子・・・かしこく
  2. 互いに助け合う子・・・やさしく
  3. 進んで運動する子・・・たくましく

3. 学校経営方針

  1. 全教職員が一丸となって積極的に学校経営に参画し、学校教育目標の達成に努める
  2. 学び合いのある,よくわかる授業づくりに努め,学力を向上させる。
  3. 互いに認め合う,よりよい人間関係づくりに努め,豊かな心を育む。
  4. 健康・安全教育の充実に努め,心身ともに健康な児童を育てる。
  5. 地域に根ざした開かれた学校づくりを推進し,保護者・地域に信頼される学校をつくる。

4.本年度の努力点

(1) 一人一人を大切にし、「確かな学力」「豊かな心」「たくましい体力」を育成する教育の推進 

  1. 教科…基礎・基本の確実な定着と自ら学び、自ら考え、豊かに表現する力を育てる。
  2. 道徳…思いやりの心と道徳的実践力を育てる。
  3. 特別活動…体験的な活動を通して、自主的・実践的な態度を育てる。
  4. 総合的な学習…体験的・問題解決的な学習を通して、生きる力を育てる。
  5. 生徒指導・教育相談…共感的・受容的に子どもを理解し、個々のよさを伸ばす。
  6. 人権教育…自他ともに大切にする児童を育てる。
  7. 健康・安全教育…健康・安全に対する自己管理能力と基礎体力の向上を図る。

(2)学年・学級経営の充実

◎学年・学級の温かい人間関係づくり

  1. 心の居場所のある学年・学級づくり(安心感、存在感、わかる授業、基本的な生活習慣の確立)
  2. 家庭・地域との連携の推進(学年・学級だより等の情報発信と保護者の理解・協力)

(3)特色ある学校づくり
 <かしこく>
 ○自ら考え、自ら学ぶ「確かな学力」の定着
  基礎・基本の徹底(朝学習・ドリル学習・少人数指導)
  表現力の育成(国語・生活・北部タイムなど中心に全教育活動を通して)
  学習習慣づくり(家庭との連携)
 <やさしく>
 ○助け合い、励まし合える思いやりのある児童の育成
  (挨拶・返事・福祉教育・北部タイム・小動物の飼育・縦割り班活動・朝読書・ふれあい給食・大カルタ大会)
 <たくましく>
 ○教科体育、業前運動、学校保健委員会の充実