目指す児童像:「あいさつ・返事・よい習慣」を実践し元気に成長し続ける子

1.教育目標

 ◇◇◇ 心豊かで自ら学ぶ意欲を持った心身共に健康な児童の育成 ◇◇◇    

  1. 思いやりのあるやさしい子
  2. 本気で考え、がんばる子
  3. 元気に遊びじょうぶな子

2.学校経営方針

(1)基本方針

 「コミュニケーションの活発な教育の推進」

(2)具体方針

  1. 学力の向上を図る(基礎・基本の徹底、指導と評価の一体化、TT指導の充実、校内研修の充実、校内OJTの醸成、積極的な生徒指導)
  2. 豊かな感性を育成する (「あいさつ・返事・よい習慣」の充実、道徳教育の充実、いじめ根絶、人権尊重)
  3. 心身の健康と体力の向上を図る(毎日伸び伸び運動、学びアップで家庭と連携し元気に成長)
  4. いじめのない学校づくり(子どもたちの心に響くいじめ根絶宣言、いじめ防止基本方針を基盤とした取組、命を大切にする心を育む道徳)
  5. 安心安全な学校づくり (安全管理、安全指導の徹底、報告・連絡・相談の徹底、防災教育と防災計画の整備、地域との連携)
  6. 地域に根ざした特色のある教育課程の工夫改善を進める (地域とのつながりを大切にした開かれた学校づくり、授業実践と地域の活用)
  7. 学校体制で特別支援教育を推進(児童一人一人の教育的なニーズにきめ細かく対応)
  8. 工夫改善のある前向きな職場づくり (全職員の経営参画・協働態勢、職能成長、コンプライアンスの重視)

3.本年度の努力点

  1. 学力向上
    ○基礎・基本の確実な定着、「基礎・基本の時間」の指導充実(くり返し学ぶ)・自ら学ぶ力
    ○単元構想に基づく、わかる・できる・もっとやりたい授業づくり、思考力・判断力・表現力の育成
    ○「自力解決と学び合い」の工夫改善(探求力、活用する力、交流する力)
    ○言語力・国語力の向上、家庭学習の習慣化
     
  2. 感性の育成
    ○自然文化活動の積極的な推進(自然・文化・地域人材とのつながりを進める)
    ○「あいさつ・返事・よい習慣」を合言葉に(自己存在感・自己有用間を育成)
    ○道徳教育の充実(いじめ根絶宣言、防止プログラムの活用、よいとこさがし、人権感覚の向上)
    ○読書、作文、読み聞かせの継続実践
     
  3. いじめ未然防止
    ○いじめ根絶宣言の推進(低学年・高学年向け作成)
    ○道徳教育の充実(いじめ根絶宣言、防止プログラムの活用、よいところさがし、人権感覚の向上、縦割り活動の充実)
    ○学級経営の充実(いじめのない学級づくり、温かい雰囲気の醸成)
     
  4. 安心安全な学校
    ○安全点検の徹底(校舎内外、地域の危険箇所のマップ)
    ○避難訓練・防災訓練(児童引き渡し訓練)・安全指導の徹底
    ○生徒指導全体会の活性化(全員担任の意識で指導)
     
  5. 教育課程の工夫改善
    ○地域人材・地域教材の活用、学校評価、学校評議員等の活用
    ○英語活動の充実(HRTとALTの協同授業)
    ○総合的な学習の充実(情報・環境・食育・食農・人権福祉JRC・国際理解)
    ○複式学級の指導充実、TTの指導態勢の充実
    ○マネージメントサイクルの活用(P・D・C・A)
     
  6. 心身の健康と体力向上
    ○健康を保持増進する実践力の育成(学校保健委員会の発表へ)
    ○よく学び、よい遊ぶ学校大好き児童の育成(自ら判断し行動できる児童の育成、無欠席の更新)
    ○日常的、継続的な体力の向上(元気アップ高崎、巓嶺クラブの発展)
     
  7. 特別支援教育の推進
    ○児童理解を深めるため、生徒指導・教育相談と連携して指導し、特別支援教育を推進
     (SC、通級指導教室、子ども発達支援センター、市教育センター、適応指導教室との連携)
    ○個別の支援計画・指導計画の作成と継続的な活用

  8. 工夫改善のある前向きな職場
    ○全職員の共通理解と協働体制で一貫した指導
     →安心できる居場所のある学級、職場風土の醸成
    ○職員の職能成長(校内研修、一人一研究授業)→子どもを伸ばす教師力の向上、OJTの推進
    ○関係機関との連携の充実(SC、適応教室、こども発達センター、市教育センター、榛名幼保小・市教委)
    ○コンプライアンスの重視(服務規律の確保)