学校長挨拶

ごあいさつ

高崎市立吉井小学校のWebページにアクセスしていただき、ありがとうございます。 令和4年度は、54名の新入生を迎え、全校児童353名でスタートしました。教職員が一丸となって、児童一人一人を大切にし、家庭・地域と連携・協力しながら、「わくわく・ドキドキ・新発見」のある教育活動を展開していきたいと思っています。本校へのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。  

令和4年4月1日  校長 武井 郁也

教育目標

学校の教育目標


高い知性、豊かな徳性、たくましい体力を備え、
夢や希望をもち、社会に主体的に貢献できる人間の基礎を培う。

目指す具体像

 
  1. 目指す学校像
    ・児童が夢や希望に向かって、生き生きと活動する学校
    ・児童の健やかな成長のために、保護者と教職員がスクラムを組む学校
    ・地域の願いや思いを支えに、未来を築く「吉井っ子」を共に育む学校
  2. 目指す児童像
    ・自ら考え、新しいことに挑戦できる子(自ら学ぶ子…知性)
    ・相手のことを考え、優しさのある子(思いやりのある子…徳性)
    ・健康な心と体を自分でつくり、自分で守る子(たくましい子…体力)
  3. 目指す教職員像
    ・児童・保護者に対して親身になってかかわる教職員(信頼感)
    ・教育者としての自覚を持ち、自らを磨き続ける教職員(専門性)
    ・地域や社会、職場の中で、豊かな自己実現を発揮する教職員(人間性)

学校経営の方針・指導の重点

  1. 新学習指導要領の趣旨及び児童の実態を踏まえた教育課程の編成と改善、実施と評価に努める。
  2. 基本的な生活習慣の定着及び基礎学力の定着が図れるよう、的確な児童理解及び発達段階に基づく学年・学級、教科等の経営を行う。
  3. 児童一人一人がかけがえのない存在であるとの認識に立ち、積極的な生徒指導と健康・安全の指導の充実により、「いじめ0・交通事故0・学校事故0」の実現を目指す。
  4. 教科担当制の推進、家庭学習との連携等による組織的な学力向上対策、校内研修の推進を図ることと併せて、教育者としての自覚をもち、授業改善を通して児童の学力向上を図る。
  5. 教育公務員としての使命感と自覚を持ち、児童を中核とした保護者・地域との連携の中で、服務規律の確保された「風通しのよい吉井小づくり」に努める。