16555

校長挨拶

   《将来幸せに生きていくための力》
     「安心して生活できる」「楽しい生活ができる」「幸せな生活ができる」
    


    本校では、生徒が自ら将来を見据えて、学校教育目標でもある「心身ともに健康で心豊かに学び合う学校」づくりに励んでいきます。そのためには、 「生徒自らが自分の意思で将来を築こうとすること。」「学校と保護者がお互いの力を合わせて協力しながら生徒を応援すること。」「歴史と伝統でまとまりのある地域の力を活かすこと。」が必要です。今後もご理解ご協力をいただきますようお願い致します。
   

                                                                                  校長 高橋 伸治

学校経営方針について

これからの社会を生きるために、「確かな学力」「豊かな人間性」「健康・体力」の知・徳・体をバランスよく育てることが大切です。生徒達に育みたい「生きる力」とは、この知・徳・体のバランスのとれた力です。「生きる力」を育むために、学校経営として、特に重視しているのは、「自他を大切にする生徒」の育成です。具体的には次の6つのことを大切にしたいと考えています。

1.
 日々の授業を中心に、基礎・基本の習得と思考力・判断力・表現力を育成する学習活動を充実させ、高い学習意欲を持った生徒の育成を図る。

2.
 学年・学級を基本に、教育相談体制を充実させ、関係機関との連携を図りながら、生徒の居場所のある温かい人間関係を構築し、いじめの根絶や不登校の予防に取り組む。

3.
 教育課程を整理や統廃合を推進しながら改善し、学校教育目標の達成に取り組む。

4.
 “チーム倉中”として、学校教育目標実現のために、保護者・教職員・地域で協力して教育活動に当たる。

5.
 9年間の成長と発達を見通した小中連携を推進する。

6.
 家庭や地域と連携した安全教育・防災教育の充実を図る。