学校長挨拶

 

ごあいさつ

大類小学校のウェブページにアクセスしていただきまして、ありがとうございます。

さて、本校は今年で開校143年目となる長い歴史と伝統を誇る小学校です。本校の前身は明治6年に創設され、大類小学校としては明治8年に宿大類で発足しました。明治30年には現在の地に校舎が建てられ、その後、何度か校名が変わりましたが、昭和31年に高崎市に合併して「高崎市立大類小学校」となりました。

地域には進雄神社や馬頭観音、大類城址など古い仏閣や史跡が多く残っています。学校の北側には井野川と一貫堀川が流れ、学校の南側は国道354号線に面しています。学校の周囲は麦畑が多く「麦の里」と呼ばれて、校歌の歌詞にもなっています。また、遠方に上毛三山も眺望できます。

平成29年度は、児童273名、教職員等33名、学級数13でスタートいたしました。本年度も、めざす児童像を「よく考える子」「思いやりのある子」「元気な子」とし、知・徳・体(確かな学力・豊かな心・健やかな体)のバランスのとれた子どもたちの育成に全力を尽くしてまいります。

今後とも、本校の教育活動にご理解とご協力をいただけますよう、よろしくお願いいたします。

 

学校教育目標

【学校教育目標】

人間尊重の精神に徹し、高い知性と豊かな情操をもち、心身ともに 健康で、自主性に満ちた児童の育成に努める。

【目指す児童像】

○よく考える子 ○思いやりのある子 ○元気な子

【めざす学校像】

○「希望の登校、満足の下校」の毎日を目指し「認め合い、励まし合い、高め合い」の三つの愛の風が吹く学校

○元気な挨拶と笑顔いっぱいの学校

○家庭・地域と信頼の絆を結ぶ学校

【めざす教職員像】

○教育愛あふれる教職員

○互いに思いやり、敬愛し、協働する教職員

○使命感と責任感をもち、常に学び続ける教職員

○児童・保護者・地域を大切にし、信頼される教職員

学校所在地・アクセス

アクセス1:高崎駅西口より 群馬中央バス 県立女子大行き 柳原下車 徒歩1分

アクセス2:高崎駅東口より 市内循環バスぐるりん 群馬の森線 健大先回り 大類公民館入口下車 徒歩5分

所在地 群馬県高崎市南大類町543-1
電車最寄駅 高崎駅