地域と共にあり、児童が喜んで登校する学校

1.教育目標

地域を愛し、自ら考え、正しく行動できる豊かな人間性を持った児童を育てる。

  1. はなしがきける子、はなせる子
  2. なんにでもちょうせんする子、がんばる子
  3. だれとでもなかよくする子、やさしい子
  4. からだをきたえるじょうぶな子

2.学校経営方針

  1. 職員の意欲的な経営参画による活力溢れる学校づくりを行う。
  2. 学校教育目標の具現化のために、全職員の共通理解・共通実践のもと組織的・計画的・継続的に教育活動を展開する。また、その実践において職員個々の専門性や特性が発揮され、指導に生かされるようにする。
  3. 特色ある学校や英語教育の円滑な実施をふまえた教育課程を編成し、その円滑な実施を行う。
  4. 学び合い活動ときめ細かな指導を学習活動の軸とし、自己有用感・自己肯定感の育成によって学習意欲の向上を図り、確かな学力へと結びつける。また、このとき意図的に経験させる他者との望ましい人間関係をもとに、心豊かな児童の育成を行う。
  5. 学校評価や諸調査の結果をもとに、学期ごとに教育活動の評価と改善を行う。
  6. 家庭・地域社会との連携を積極的に図り、地域とともに特色ある学校づくりを推進する。
  7. 学校課題の解決に関わる実践的な教育研究(学び合い活動)を推進し、教職員の教師力の向上を図る。
  1. 学び合い活動の推進による学力の向上
    自己有用感・自己肯定感を味わえる学び合い活動の実施。児童が主体となる気づき、わかり、できる授業への改革。個に応じたきめ細かな指導と支援。学習の約束・学習ガイドラインの徹底による学習規律の醸成。学力検査の結果を踏まえた学習指導の改善。家庭の啓発による家庭学習の習慣化。
  2. 心の教育と道徳教育の充実
    ねらいと価値を明確にした体験活動の見直しと充実。道徳の指導計画の改善と内容項目の重点化。道徳授業の公開。自他を大切にする心の育成によるいじめ防止。いじめ防止の推進と外部専門機関との連携。
  3. 健康・安全教育の推進と体力向上
    家庭との連携を重視した「すこやか委員会」の実施。交通安全指導の重点化と身につく指導の徹底。発達段階や実態に即した保健指導と食育の推進。体育集会、ファミリー班活動を核とした体力づくりの日常化。
  4. 個に応じた特別支援教育の充実
    校内支援体制と校内委員会の充実。通常学級での個別支援の充実と保護者・関係機関との連携。個別の支援計画、指導計画による支援の充実。ユニバーサルデザインを取り入れた学習環境づくり。
  5. 積極的な生徒指導の推進
    一人一人の良さを見出し認めて褒めて賞賛する指導。意図的計画的なできる自分、役立つ自分の体験を通した自己有用感・自己肯定感の育成。不登校やいじめ、問題行動の予防と早期発見、早期対応。積極的な児童理解とSC・SSWと連携した指導体制の充実。よい子の一日・生活ガイドラインの徹底による基本的生活習慣の醸成。職員の共通理解、共通行動による節度を高める指導の推進。
  6. 教師力向上を図る校内研修の推進
    研究主題:互いに認め合い高め合える児童の育成 〜個々の思いや考えを大切にした学び合い活動を通して〜 他者理解通した自己有用感・自己肯定感を味わえる学び合い活動。発達段階と教科特性を加味した授業実践。
  7. 特色ある教育活動の推進
    自主的、主体的なファミリー班活動の推進。ファミリー遊びや運動会などの機会を的確に捉えた支援。地域の自然や環境、歴史等を生かした学習の推進。地域とともに行う植栽活動の充実。
  8. 家庭や地域社会との連携・協力
    地域の教育資源や人材の発掘と活用の推進。8つのいっぱい運動の充実。(あいさつ、歌声、花、読書、笑顔、運動、助け合い、感謝)幼保小、小中の連携の継続と推進。