学校長挨拶

矢中中は今年開校33年目を迎え、区長さんをはじめ地域住民の方々、保護者の方々に支えられ教育活動を推進して参りました。

平成29年度は1年生98名、2年生117名、3年生113名 計328名の生徒が在籍しております。

本校がめざす学校像は

「一人ひとりの生徒が豊かな心を持ちお互いを認め合い生き生きと活動する学校」です。

この学校像を作り出す源になるものが、学校基本目標です。

人間愛   他人の気持ちを理解し、だれとでも仲良くできる生徒

自 主   自ら課題を見つけ解決できる生徒

自 律   責任ある行動が取れ協力できる生徒

健 康   心身ともにたくましく、規則正しい生活のできる生徒

毎日の生活の中で生徒は、その体験と人との関わりから多くを学んでいくと考えています。

さらに具現化するための行動が以下の三則となります。

「生活三則」(あいさつを元気よく・身なりをきちんと・言葉づかいをていねいに)

「学習三則」(始業チャイムで着席しよう・授業中の私語はつつしもう・忘れ物をしない)

「集団三則」(自分の役割を果たそう・相手のことを考えた言動を・お互いのよさを認め高め合おう)

矢中中学校の生徒一人一人が自己実現のために個人としての社会的スキルを学び、一人の人間としてやさしさと思いやりの心を持ち行動できるよう、保護者、地域住民、教職員など、子どもたちを支える大人達が※協働してサポートしていきたいと考えております。 どうぞよろしくお願いいたします。

※ 協働とは 同じ目的を持った人達が、立場や役割を理解した上で、協力し合い、それぞれ自分の能力や経験を生かして活動することにより、多くの効果を上げることができること。

校長室からの配布文書

配布文書はありません。