体操体験

 11月7日の火曜日は、5年生の14名が、高崎アリーナに体操の体験に出かけました。6年生が修学旅行ということで、5年生が出かけました。オリンピックでも使われる本物の床や平均台などの実際の道具などにふれたり、高校生の模範演技を見たりと貴重な体験になったようです。「中学校へ行ったら、体操をやってみたい。」という子もいました。


服のチカラ

「服のチカラ」では、高学年の児童が委員会を発足し、着られなくなった服を集めて難民キャンプへ届けようという活動に取り組んでまいりました。保護者、そして地域の皆様には、子どもたちの活動をご理解いただき、たくさんの服を学校に届けていただきました。全部で1,572着もの服が集まり、子どもたちはとても驚いていました。 
 この活動を通して、「ひとりでは小さなことしかできませんが、みんなの力を集めると大きなチカラになることがわかりました。これからも、自分たちにできることを実行していきたいと思います。」という感想をもった子どもたちの、今後の活躍が楽しみです。
 ご協力ありがとうございました。


親子行事でだるま作りをしました!

 学年親子行事で、だるま作りをしました。最初にお店の方に見本を見せてもらいました。さすが、プロのやわらかい筆の線に、皆驚きました。そして次は、自分で色を選んだカラフルなだるまに、ひげや柄を書きこみました。最初は、「難しい。」と言っていた子も、だんだん慣れてきて、お母さんのお手伝いもあり、最後には素敵なだるまが完成しました。親子で、一緒に物を作り上げる楽しい体験となりました。役員の方々ありがとうございました。


校外学習!

 あいにくの雨の中での校外学習でしたが、バスの中での盛り上がり、雨でも遊んでいる「こどもの国」の様子を見ると、どんなときでも遊びを見つけ楽しめる子ども達の才能に驚かされました。「晴れている時に、また来たい!」と言ってましたが、雨でも十分楽しそうでした。富士重工では、たくさんの車を見たり、工場を見学したりしました。最新式の車に感動する子ども達は、「大人になったら、この車に乗りたい!」と夢を語っていました。充実した校外学習でした。


服のチカラ

 5,6年生は、家庭科の学習で「衣類」について学習し、人権教育の一環として、「服のチカラ」「難民」について企業の訪問授業を受けました。「服のチカラ」について学び、難民の存在についても学んだ子どもたちは、自分たちにできることをしようと考え、着られなくなった服を集めて企業に送り、難民キャンプへ届けてもらおうという活動に取り組んでいます。
 これまでに、回収箱の作成、全校児童へ活動の内容について知らせる、そして、運動会では、保護者や地域の方に協力を呼びかける、などの活動をしてきました。
 子どもたちの活動をご理解いただき、着られなくなった子ども服がありましたら、寄附をお願いします。

集める服
 サイズ  赤ちゃんの服から160cmまで
 種類   夏服でも冬服でも(下着、くつ下、ぼうし、小物類は除きます。)
 ご協力いただける衣類については、お洗濯したものをお願いします。
 集める日:10月3日(火)〜13日(金) 8時〜17時
 場所  :大類小児童玄関(体育館側)、職員室前

 バザーの品物の回収とは全く関係ありません。
 どうぞよろしくお願いします。


大類ソーランの練習

 運動会をあさってに控え、衣装を着けソーランを踊りました。気合い十分、力強い踊りになりました。運動会では、最高の演技ができるようがんばります。


マーチング練習、がんばっています。

 数日後に運動会を控え、練習にも熱が入っています。5年生は、今年からマーチングにも参加し、1学期から夏休みも含め、鍵盤の練習をがんばってきました。最初は、鍵盤を吹くと歩けず、歩くと鍵盤が吹けずという子も多かったですが、今はしっかり動き鍵盤の扱いもかっこよくできるようになってきました。金管やガードの子ども達も1学期からの練習をよくがんばり、動きも演奏もしっかりしてきました。運動会での披露を楽しみにしていてください。

マーチング練習

 夏休み中も5,6年生のマーチング練習が行われています。各楽器は、パートごとに分かれて練習しています。5年生の鍵盤ハーモニカの子たちも、グループに分かれて鍵盤練習をし、だいぶ上達してきました。これからフォーメーションもつけ、動きの練習もしていく予定です。


「届けよう 服のチカラ」

 6年生と一緒にユニクロの「届けよう服のチカラ」という授業を受けました。服は、暑さ寒さだけでなく、けがなどからも身を守り、人間らしい生活をするための大切なものであるという話から、世界には、満足に衣服を手に入れることのできない「難民」という人達が6500万人もいることなどについて話がありました。
 もし、自分が突然難民になったらということで、必要な物10個を持って、、という学習もあり、自分の持ち物を持たない不自由な生活も少し想像できたようです。
 これから、不要になった子ども服の回収を始めたいと思います。ご協力をよろしくお願いします。
 


プール清掃をしました!

 金曜日は、順延されていたプール掃除がやっとできました。今年は、5年生も初めてプール掃除に参加。いろいろな場所に分かれてきれいにしました。水泳の学習が始まるのが楽しみです。

榛名林間学校 No.4

 18日の朝には、火おこし体験をしました。一生懸命、道具を動かし頑張ると、煙が出てきて、子ども達はやる気満々。ただ、その後火種になるまでには、大変でした。一つの班は、見事に火をおこすことができました。その炎を使って、カレーやご飯を作る釜に火をつけました。見事でした。大類小の名前を刻んだろうそく立てが榛名湖荘に置かれます。後輩達も大類小の名前を見ることができますね。


榛名林間学校 No.5

 いよいよカレー作り。401号室の子ども達がつけた炎をもとに釜に火をつけ、調理の開始です。かまど係、カレー係などに分かれて、ご飯を炊いてカレーを作ります。薪を入れると火は大きくなり、そばにいると、すごい熱さでした。カレー係はタマネギやジャガイモ、にんじんを切って、鍋に入れました。野菜が煮えたらカレー粉を入れて完成。外でおいしくいただきました。自分たちで作ったカレーライスは特別おいしかったようです。



榛名林間学校 No.3


 雨も上がり、夜はキャンプファイヤーができました。山の神から炎をもらい、火を櫓に移しました。火は徐々に大きくなり、その火を囲んで「猛獣狩り」や「○×クイズ」などをやって楽しみました。最後は、マイムマイムとジェンカを思い切り踊って盛り上がりました。皆の心がけが良かったようで、登山もキャンプファイヤーもできて本当に良かったです。

榛名林間学校 No.2

 合同レクリエーションの後は、おみやげを買いました。たくさんの商品に、子ども達も迷ったようですが、「これは、お母さんに買っていこう。」など、楽しそうに選んでいました。一人でする買い物は、また特別楽しかったようです。
 今年の林間学校の夕食と朝食は、バイキング形式です。夕食は、大類小が先に料理を取りました。ご飯も白いご飯と炊き込みご飯、汁物も何種類かあり、おかずは、イカの他、肉類やサラダもあり、選ぶのに迷うほどでした。人気のおかずは、早くになくなってしまいましたが、おかわりもでき満足のようでした。


榛名林間学校!No.1

 5月17日、18日に楽しみにしていた榛名林間学校に行ってきました。あいにくの雨でしたが、榛名神社から榛名湖荘までの山歩きもできました。途中で雨もやみ、自然の風景や空気を堪能できました。所員さんの心遣いで、着いてすぐにお風呂で暖まることもでき、その後は、岩鼻小の子ども達と名刺交換をして、友達を増やすこともできました。


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30