プログラミング学習

2020年度より新学習指導要領(子どもたちが学習する内容等)が全面実施となります。その1つにプログラミング教育があります。文部科学省は、「児童がプログラミングを体験しながら、コンピュータに意図した処理を行わせるために必要な論理的思考力を身につけるための学習活動」としています。
今日は、6年生がその体験をしていました。子どもたちは、実際にプログラムしたものを動かしながら確認して作業を進めていました。様子を見ていると、きっと大人より早く覚えるだろうと感じました。
また、授業者以外の先生も研修を兼ねて体験していました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

地元高崎産がたっぷり

画像1 画像1
今日の給食は、ご飯、牛乳、回鍋肉、中華和え、チンゲンサイときのこのスープです。栄養士さんによると、回鍋肉には地元高崎産の味噌、醤油、チンゲンサイや長ネギが使われているとのことです。どうりでおいしいわけですね。ちなみに、回鍋は、鍋に戻すという意味で、本来は、塊のまま一度煮た豚肉を切って油で炒めなおした料理のことだそうですが、日本では、豚肉の味噌炒めとみなされていることが多いそうです。

高崎市学力テストより

画像1 画像1
中居小では今日、3年生以上の学年で学力テストが行われ、各教室とも真剣に取り組む様子が見られました。5・6年は明日も行われます。

上毛かるた大会決勝・表彰式

午後には決勝が行われました。予選以上に緊張した雰囲気が伝わってきました。寒い中でしたが、最後まであきらめない姿が見られました。
写真は決勝と表彰式のようすになります。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

サケの卵飼育日記【3】

画像1 画像1
サケの卵を飼育するときに最も大切なのが水温です。サケは冷たい水を好むので、北海道のような冷たい水を部屋の中で再現することは、なかなか難しいですが、10度を超えない程度の水温が保てれば、無事にふ化が期待できます。理科準備室の水槽は、ちょうど10度です。入室するととっても冷えるのに、水温はギリギリなんですね。北国の自然がいかに厳しいかを感じます。
画像2 画像2

上毛かるた大会

体育館にて、育成会主催による上毛かるた大会が行われました。各地区の代表の児童、約80名ほどが熱戦を繰り広げました。市大会、さらには県大会へと続く大会です。団体戦、個人戦ともに集中して読み手の声を聴き、素速く反応して絵札をとっていました。
役員の皆様には、前日や当日朝早くからの準備と大変お疲れ様でした。
地域の皆様の力を借りたこのような活動を通して、子どもたちは多くの経験をすることで大きく成長していくんですね。
画像1 画像1
画像2 画像2

辛くないのになぜおいしい?

画像1 画像1
今日の給食は、麦ご飯、牛乳、マーボー豆腐、春雨サラダ、みかんです。マーボー豆腐は、辛さは控えめなのにご飯との相性もよく一度食べたら癖になる味に仕上がっていました。春雨サラダは、春雨のつるんとした食感が楽しめました。

サケの卵飼育日記【2】

画像1 画像1
理科準備室で飼育を始めたサケの卵ですが、飼育パンフレットによると
●水温の高くなる場所には水槽を置かない。
●直射日光を避ける(暗い方が良い)。
ということで、カーテンを引いたままにしてあります。カメラの感度が高いので明るく見えますが、実際は、とても暗い中で飼育しています。本当は、子どもたちにも様子を見せてあげたいのですが、飼育の約束を守って、様子を見ているところです。本校の理科準備室は北に面しているので、本当に寒い!んですよ。サケには快適な場所になるといいなあ、と思います。
画像2 画像2

人権教育作文の発表

12月6日まで人権教育強調旬間です。お昼の放送で、人権作文の発表がありました。今日は1年各学級代表と2.3年学年代表による発表でした。友達のことや思いやりについて考えたことなどが発表されました。
この時期に自分を大切にすることや思いやり、いじめ問題など人権についてじっくりと考えることはとても大切です。
画像1 画像1
画像2 画像2

子どもたちにも大人気

画像1 画像1
今日の給食は、食パン、マーシャルビーンズ、ジョア、スパゲッティサラダ、ポークビーンズです。マーシャルビーンズについては以前にもお知らせしたかもしれませんが、昔から給食に登場していて、チョコ大豆スプレッドとも言われる通り大豆の粉にチョコレートの風味か加わった子どもたちにも人気の食材です。スパゲッティサラダは、マイルドな味わいが特徴的でした。ポークビーンズは色鮮やかで、トマトソースがバッチリきいていておいしく体も温まりました。

臨時歯科検診より

画像1 画像1
今日の3時間目に臨時歯科検診が行われました。また、検診後には歯みがき指導も行われました。これからも自分の歯を大切にしてほしいですね。

焼き芋にしたら絶対に美味しい!

画像1 画像1
冬になって、温かいものが恋しくなってきましたが、童謡「たきび」のような光景は、ほとんど見ることができなくなってしまいました。落ち葉焚きで焼いたおいもは、とっても美味しいですね。そんなことを考えていたら、教室前の廊下にとっても美味しそうなおいもがありました。色といい、ボリュームといい、これは焼き芋にしたら絶対!美味しいと思います。眺めていたら、甘みが伝わってきて、お腹がすいてしまいました。

美味しく調理できました!

画像1 画像1
6年家庭科の調理実習で【こふきいも】を作りました。ゆで野菜としてブロッコリーも添えてみましたが、その名の通り、見事な「ふきっぷり」で、とても上手にできました。ブロッコリーの色合いも鮮やかで、盛り付けが映えました。家庭でも実践してみるといいですね。
画像2 画像2

サケの卵飼育日記【1】

画像1 画像1
昨日、サケの卵を子どもたちに配りましたが、みんな嬉しそうに持ち帰っていました。飼育のコツを紹介したパンフレットも配布しましたので、ぜひ!頑張って育てて欲しいですね。校内でも1年生・2年生・理科室で飼育を始めました。1〜2週間でふ化するそうですので、冬休み前に生まれるかもしれませんよ。
画像2 画像2

さけの卵配布のようす

昨日、さけの卵を受取りに行き、本日子どもたちへ配布しました。大事そうにそっとビンを抱えて持ち帰りました。
100名ほどの子どもが一人6個の卵をもらいました。さて、何匹が烏川に帰ってくるか楽しみです。
画像1 画像1

作り手の思いを感じるメニューです

画像1 画像1
今日の給食は、ご飯、牛乳、黄金煮、鯖の塩焼き、大根の味噌汁です。黄金煮は、その名の通り黄金色で、食材にしっかりと味がしみていてご飯にもよく合いました。鯖の塩焼きはよく脂ものっていて、ほど良い塩味が食欲をそそりました。大根の味噌汁はたっぷりと大根が入っていて、味噌の風味が食材の味をいっそう引き立てていました。

サケの卵をもらってきました

高崎青年会議所が取り組んでいる活動【サケの卵を育てよう】で、中居小学校の子どもたちが申し込んだ分をもらってきました。発眼(はつがん)卵ですので、もう目玉が分かるくらい大きくなっています。烏川にも毎年サケが戻ってきています。今年育てるサケも元気に育ってほしいものです。子どもたちには、明日配布しますので、申し込んだ子は、入れ物を忘れないようにしてください。
画像1 画像1
画像2 画像2

6年生がストーブ出しのお手伝い

今日の昼休みにストーブ出しを行いました。短い時間でしたが、6年生が手際よく運び出し、各教室とも無事設置することができました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

変わらぬ味に満足

画像1 画像1
今日の給食は、黒パン、スパゲティナポリタン、牛乳、大根サラダです。スパゲティナポリタンは、ケチャップで味付けした昔ながらの変わらぬ味がたまりませんでした。大根サラダもあっさりしていておいしかったです。

表彰朝礼(体育関係)つづき

画像1 画像1
(つづき)
写真は県.市陸上教室記録会における入賞者表彰のようすです。
リレーを中心に、6年生は勿論のこと5年生も頑張りました。

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
行事予定
12/19 放課後学習3年
12/20 保健委員会集会 教育相談日
12/23 大掃除
12/24 体育集会