1/14 朝礼

画像1 画像1
「群馬県」の由来は、「車郷」からというお話をしました。大昔の群馬には、毛野氏一族が住んでいたそうです。また、車郷周辺には、その同族の車持氏が住んでいたとされています。およそ1300年前、藤原京(694〜710年)の時代の資料によると、「車郷」の周辺は、「車評(くるまのこおり)」(「評」は大宝律令によって「郡」となる)と呼ばれていた地域だったと考えられています。奈良時代に入るとすぐ、和銅6年(713年)の諸国の風土記編集の勅令により、国・郡・郷名はその土地にあった漢字二文字で表すこととされ、国名「上毛野国(かみつけのくに)」は「上野国(こうずけのくに)」に、郡名「車(くるま)郡」は「群馬(くるま)郡」に改められたそうです。群馬県の県名が初めて使われるようになったのは、1871年(明治4年)10月28日のことで、1889年(明治22年)の町村制施行によって、富岡村、和田山村、白川村、善地村が合併し西群馬郡車郷村が成立したそうです。
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31