社会科見学「消防に関係する設備」

画像1 画像1 画像2 画像2
 社会科では現在、「火災から人々を守るために、だれがどのような活動をしているのか」をテーマに学習を進めています。先日は、校外の消防設備には、どのようなものがどのような場所に設置されているのか、調査を行いました。
 子どもたちが毎日歩く道路には、火災から人々を守るために「避難所案内板」や「消火栓」が多数設置されており、消防車が描かれたポップなデザインのマンホールも道路上に見つけることができます。
 消防団で20年近く活躍されている神社の宮司さんから偶然お話を伺うこともできました。先日の火災では、消防団員の方々が、炎が隣家に燃え移らないように、150メートルほど離れた位置にある消火栓にホースを4本繋いで消防の消火活動を支援したことを聞いて、熱心にメモをとる児童もいました。

 「学校の外にもいろいろな消防に関係するせつびがあっておどろきました。消火栓は火事がおこりそうなところにあるということ、ひなん所のかんばんは、いろんな人がよく見そうなところにあるということが分かりました」とある児童の振り返り。
 短い時間の見学でしたが、多くの学びがあったようです。

お年寄りとの交流会

画像1 画像1 画像2 画像2
 総合的な学習の時間「お年寄りにやさしい新町をつくろう」で、長寿センターにて交流会を行いました。施設見学や高齢者疑似体験学習、書籍等などでお年寄りの日々の過ごし方、考え方などを学習し、そこで得た様々な情報や気付きを活かして、交流会の遊びを考えました。
 上毛かるたや自作のすごろくなどを準備し、当日は、約40名のお年寄りの方々と楽しい時間を過ごすことができました。運動会で踊った「ソーラン」も観ていただきました。短い時間でしたが、利用者の方々とたくさんお話ができ、充実した時間となりました。

 「お年寄りが安心して気持ちよく過ごせる街」とは、どんな街なのか。高齢化が進む我が国では、2060年には65歳以上の割合が約40%になると予想されています。このテーマは、我々大人たちも、若い人たちと一緒に考えていかなければならない問題なのかもしれません。

社会科見学「消防署」

画像1 画像1 画像2 画像2
「火災から人々を守るために、だれがどのような活動をしているのだろう」を調べるために、学校の近くにある高崎東消防署新町分署へ見学に行きました。
 消防署で働く方々は、3チームの24時間体制で働いていること、火災に対応するために日々様々な訓練をしていること、高崎消防共同指令センターを中心としたネットワークが構築されていることなどを学びました。待機室や仮眠室、食堂の中へ入ったり、消防車・救急車を間近で見たりするなど、署員の方々が、分かりやすく丁寧に教えてくださいました。
 見学後は教室に戻り、分かったことを共有しました。見学で見たことや聞いたことを、次時の学習に活かしていきます。


高齢者疑似体験学習

画像1 画像1 画像2 画像2
 総合的な学習の時間「お年寄りにやさしい新町をつくろう」で、高齢者疑似体験学習を行いました。装具を着けて段差を超えたり、横になったりして高齢者の体の動かしづらさを体験しました。視界を狭めるゴーグルを装着して新聞やチラシを読んでみると、文字の大きさや色によって見えづらいものがあることに気付くことができました。
 友だちが体験しているときに、それをサポートする役割も体験し、どのような手助けがお年寄りの方の安心に繋がるのか考えることもできました。
 施設の見学や疑似体験で分かったことや思ったことを新聞作りに活かしていきます。
 保護者ボランティアの皆様に大変お世話になりました。

長寿センター見学

画像1 画像1 画像2 画像2
 総合的な学習の時間「お年寄りにやさしい新町をつくろう」で、近くにある「長寿センター」の見学に行きました。当日は、担当者の方と大広間やお風呂、トイレ、福祉車両などを見学しました。風呂場に長い手すりが付けられていたり、トイレの鏡が下向きに斜めに設置されていたりするなど、家や学校との違いに気付き、なぜそのような工夫がされているのかを考えることもできました。
「おとしよりが安心してすごせるようにさまざまな工夫がされていた。どうすれば住みやすい町になるか考えていきたい」と、児童の感想です。
 来週には高齢者疑似体験が予定されています。総合的な学習の時間では、様々な体験を通して、課題に対する答えを自分なりに探していきます。

秋の校外学習

画像1 画像1 画像2 画像2
秋の校外学習で、「ぐんま昆虫の森」に行きました。「かやぶき民家」では、囲炉裏や粘土で作られた土壁、養蚕で使用する道具や家の造りなどを見学しました。「バッタの原っぱ」や「昆虫観察館」では、カエルやゲンゴロウ、カブトムシの幼虫などを実際に触ったり、野生の虫を捕まえ、名前を調べたりしました。「ふれあい温室」では、オオゴマダラなど貴重なチョウを間近で観察することができました。
「ぐんま昆虫の森」での発見や気付きを、社会科や理科の学習に活かしていきたいところです。
校外学習のめあての一つであった仲間との協力もしっかりとでき、仲を一層深めました。

社会科見学「ラスク工場」

画像1 画像1 画像2 画像2
ラスクはどのような手順で作られているのかを調べるために、ガトーフェスタハラダの新町工場へ見学に行きました。ラスクの製造には様々な工程があること、最新の機械が使われていること、バターや小麦粉などの原材料は、国産のものだけでなく、外国産のものも使用されており、海外との繋がりがあることなどが分かりました。見学後は教室に戻り、分かったことを班ごとに共有しました。工場見学で見たことや聞いたことを、次時の学習に活かしていきます。本単元では、学習のまとめとして、「新聞コンテスト」を行う予定です。頑張ってもらいたいです。

社会科見学「スーパーマーケット」

画像1 画像1 画像2 画像2
お店が、どのようにお客さんを集めて売り上げを高めようとしているのかを調べるために、フレッセイ新町店へ見学に行きました。当日は、「商品の新鮮さ、並べ方」「接客」「宣伝」など、お店側の様々な工夫を見つけることができました。店長さんや従業員さんも、子どもたちの質問に丁寧に答えて下さいました。
学習のまとめでは、一人一人が自分の言葉でお店の工夫を説明し、課題に対する答えを書きました。国語の学習とリンクさせて、お世話になった店長さんや従業員さんに、お礼のお手紙も書きました。

「新町をたんけんしよう」

画像1 画像1 画像2 画像2
総合的な学習の時間「新町をたんけんしよう」で、於菊稲荷神社チームと諏訪神社チームに分かれて調べ学習を進めています。25日には、実際に神社に行きました。於菊稲荷神社チームは、絵馬の色づかいを近くで見たり、疑問に思っていることをインタビューしたりしました。諏訪神社チームは、裏に埋められた江戸時代の鳥居を触ったり、小林穣洲先生寿蔵之碑に書かれた文字を読もうと努力しました。資料や見学で分かったことを基に、来週より新聞づくりを行います。

和田橋交通公園交通教室

画像1 画像1 画像2 画像2
和田橋交通公園にて自転車教室を行いました。座学では、自転車事故の事例や危険を予測するためのポイントなどを映像資料で学びました。実技では、公園内の信号や横断歩道、踏切などを自転車に乗って練習したり、八の字走行、ジグザグ走行、板渡りなど県自転車コンテストの技能コースを体験したりしました。ボランティアの保護者の方々にも大変お世話になりました。

万引き防止教室

画像1 画像1
3年生の学年行事として、万引き防止教室を実施しました。万引きは犯罪であること、犯罪を犯すと自分だけでなく、大切な家族も傷つくことを学びました。ロールプレイでは、友だちに万引きを誘われたときに、友だちに掛ける言葉を考え、実際に演じてもらいました。
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
学校行事
2/19 中学校入学説明会
2/20 C型校時
2/23 天皇誕生日

学校だより

PTA文書