修了式

 3月26日(金)の2校時に今年度の修了式が行われました。式では校長先生から卒業式や1年間がんばったことなどのお話がありました。その後、修了証の授与が行われ、5年生の児童が代表で修了証を受け取りました。続いて各学年の代表児童による作文の発表が行われ、各学年の代表児童が堂々とした態度で作文を発表してくれました。4月になると一つ学年が上がりますが、今日の子どもたちのしっかりした態度を見ていると、上室田小学校は来年度もさらにすばらしい学校になれそうだと感じました。
保護者の皆様、地域の皆様にはこの1年間、本校の教育活動にご理解ご協力をいただき、ありがとうございました。来年度も引き続き、本校の教育に対して温かいご支援をよろしくお願いいたします。

卒業式

3月24日(火)、卒業式が行われました。今日は5名の卒業生の門出を祝福するため、地域の方々も多数ご出席くださいました。式は卒業生入場、卒業証書授与、式辞、祝辞、児童のお別れの言葉と厳粛な雰囲気で進行しました。最後に温かい拍手のもと、卒業生が退場し、無事に終了しました。卒業生には今日の思い出を大切に、中学校でも大きく羽ばたいてほしいと思います。


卒業式練習

3月20日(金)の1校時から2校時にかけて、卒業式の全体練習が行われました。今日は本番と同じように入場から退場までのすべての動きを確認しました。特に国歌、校歌、6年生の歌、全体での歌の4曲について、担当の先生の指導のもと、細かいところまで気をつけながら何度も練習しました。練習とはいえ、子どもたちの表情は真剣そのもので、先生の指示に対しても元気よく「はい!」と答えていました。きっと本番も全校児童41名が立派な態度で式に臨めることでしょう。

卒業式 呼びかけ練習

3月17日(火)の朝行事で全校児童による卒業式の呼びかけの練習が行われました。始めに準備運動として「ツイスト」を一人100回、その後、発声練習で「おなかの体操」をしました。呼びかけでは全校児童がそろっての練習は初めてだったので、なかなか声がそろわず、何度も繰り返し練習しました。本番までにしっかり練習して、当日は思い出に残る立派な式にしてほしいと思います。

今年度最後の体育集会

3月13日(金)の朝行事で今年度最後の体育集会が行われました。先日縄跳び名人の方に来ていただいたので、今日も引き続き短縄に挑戦しました。最後には全校児童41名で5分間の「時間跳び」に挑戦しました。 途中、ひっかかってしまう子もいましたが、どの子も一生懸命取り組みました。その結果、1年生1名、3年生1名、4年生1名、6年生1名の計4名が見事に5分間を跳びきりました。跳び終わった後は自然と全校児童から拍手が起こり、4人の健闘をたたえました。上室田小学校のすばらしさをあらためて感じる体育集会になりました。

2,3年生合同授業

3月12日(木)の3校時に、3年生が理科で作ったおもちゃを2年生と一緒に楽しむ活動が行われました。電気、磁石、ゴムの力など3年生が工夫を凝らして作成したおもちゃを、2年生が不思議そうな表情を見せながらも楽しんでいました。2年生は来年自分たちがおもちゃを作ることになるので、おもちゃの仕組みについても質問していました。

6年生奉仕作業

3月10日(火)、6年生が体育館のワックスがけを行いました。
今までお世話になった学校に感謝の気持ちをもちながら、ていねいに作業を行ってくれました。6年生はこの体育館を使うのもあと少しです。

委員会引き継ぎ式

3月6日(金)の朝行事で委員会の引き継ぎ式が行われました。本校では新年度になってもすぐに仕事ができるように、次年度の委員会を前年度内に決めておきます。今日は新委員長の5年生が全校児童の前で、堂々と新任のあいさつをし、前委員長の6年生から仕事を引き継ぎました。5年生の発表態度にもやる気と責任感が感じられ、とても頼もしく思えました。保護者の皆様にも引き続き、本校の児童を温かく見守っていただけたらと思います。

縄跳び名人来校

3月4日(水)朝行事の体育集会で縄跳び教室(短縄)を開催しました。今日は特別に、今年度の三重跳びの群馬県チャンピオンの方に来校していただき、ご指導していただきました。最初に見たこともない演技を見せていただいた後に、基本的な跳び方からあやとび、二重跳び、三重跳びの「こつ」や、決めポーズの仕方などを楽しく教えていただきました。途中には四重跳び、五重跳びも見せていただき、最後にはハンドスプリングから足を交差させての五重跳びという大技も見せていただきました。これから本校の子どもたちも、教えていただいた大技にぜひ挑戦してほしいと思います。


全校で歌の練習

3月3日(火)の5校時に、全校児童で卒業式の歌の練習を行いました。音楽担当の先生の指導で式で歌う「この地球のどこかで」を練習しました。3,5,6年生のアルトパート、1,2,4年生のソプラノパートごとに、声の強弱や正しい音程を確認しました。練習の途中では大事な人を思い浮かべて歌う場面もあり、一人一人が様々な思いで歌いました。

珠算ボランティア来校

3月3日(火)の3校時に、3年生の算数の授業に珠算ボランティアの方が来校して、5名の児童にそろばんの基本的な使い方を教えてくれました。はじめは肩に力の入っていた児童も指の動かし方に慣れてくると、楽しそうに計算して、答えを出すことができました。

朝礼

3月3日(火)の朝行事は朝礼でした。校長先生からあいさつの大切さのお話の後に、縦割り班ごとに分かれて、『知らない人に道を聞かれたとき、どのように対応するか?』について話し合いました。短時間でしたが、リーダーを中心に、どの班も状況を正しく判断し、適切な受け答えを考えることができました。

6年生をおくる会

2月27日(金)の午後、『6年生をおくる会』が開催され、各学年の児童がこれまで練習してきた成果を発表しました。1年生は合奏と歌、2年生は劇、34年生はダンス、5年生はスライドによる6年生の紹介と合奏「ルパン三世」、そして最後に6年生からお礼の気持ちを込めて、合奏「ロトのテーマ」の発表がありました。どの学年も気持ちの込もったすばらしい発表で、とても心温まるおくる会となりました。6年生は残り1ヶ月の小学校生活となりましたが、まだまだ楽しい思い出をたくさん作ってほしいと思います。


サロンコンサート(+鍵盤ハーモニカ)

2月17日(火)の午後、サロンコンサート(+鍵盤ハーモニカ)が体育館で行われました。鍵盤ハーモニカのプロ演奏者の方やサロンコンサート協会の方をお招きし、たくさんの曲を演奏していただきました。普段自分たちが使っている鍵盤ハーモニカも演奏の仕方によって様々な音が出せることを知り、子どもたちも興味津々の様子でした。また演奏の途中でカッコウ笛などを使って、児童を演奏に参加させていただいたり、指揮者の体験もさせていただきました。そして演奏最後のアンコールでは校歌を演奏していただき、児童が演奏に合わせて楽しく、元気よく校歌を歌いました。コンサート後にはヴァイオリンの演奏体験もさせていただき、児童も目を輝かせて音を出していました。1時間半という時間があっという間に過ぎてしまうほど盛りだくさんで、素晴らしいコンサートでした。


保健集会

2月17日(火)の朝行事で保健集会が行われ、保健給食委員会から全校児童に先週の学校保健委員会の報告がありました。栄養バランスのとれた「みそしる」の話や、野菜や海草などの食材に含まれる栄養についてのクイズもあり、低学年の児童にもわかりやすい内容でした。保健給食委員のみなさん、ありがとうございました。

あいさつ週間

2月16日(月)から1週間の『あいさつ週間』が始まりました。今日も児童会役員が、朝の寒い中、登校してくる児童に元気よくあいさつをしていました。

ようこそ先輩!



2月13日(金)の5校時に「ようこそ先輩!」として本校の卒業生で北京オリンピックの水泳日本代表の内田翔選手に来校していただきました。講演では児童や保護者の皆さんに小学校の頃の思い出や、日本代表の北島康介選手の食事についての話、バランスのよい食事の大切さについて話してくれました。また講演の最後には実際に児童と一緒に体を動かし、姿勢よく歩くことの大切さを教えてくれました。わかりやすく、楽しく笑顔でお話をしていただき、児童も最後まで目を輝かせて聞いていました。

第3回学校保健委員会

2月12日(木)の6校時に「朝ごはんで元気いっぱい」をテーマに第3回学校保健委員会が開催されました。保健給食委員会からの発表の後に児童が班ごとに分かれ、朝ごはんで食べるみそしるの具を考える活動を行いました。とても美味しそうなみそしるの案がたくさん出されました。最後に栄養士さんから指導していただき、朝ごはんの大切さを改めて学ぶことができました。

たてわり集会

2月10日(火)の朝行事で、縦割り集会が行われました。とても寒い中でしたが、すべての班が外で元気よく活動しました。6年生が下級生をリードし、どの班も仲良く活動することができました。

音読発表(123年)

2月6日(金)の午後に『音読発表会』が行われました。今日は123年生の発表で、どの学年の子も昨日の上級生の発表を模範に、自信を持ってゆっくりはっきり大きな声で発表することができました。
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
学校行事
3/31 学年末休業終了日