第72回 卒業式

 シンプルかつ厳粛な第72回卒業式が3月13日、体育館で挙行されました。たくさんの来賓や保護者の方々に参加していただき、誠にありがとうございます。
 生徒会長の温かい送辞のあとは在校生の合唱「群青」。曲が始まると卒業生の目には、涙がチラリ。東日本大震災の福島の様子をモチーフにした「群青」の歌詞は、卒業式にもピッタリフィットし感動的でした。
 元生徒会長の答辞は、しっとりとした語りで「ありがとう」の感謝の気持ちが伝わってきました。ハンカチを手に聴き入る保護者も大勢いました。クライマックスは卒業生の合唱「あしたへ」。この曲は何度聞いても心に響く名曲です。新町中の伝統になりました。指揮者が涙をこらえて指揮を振る姿に圧倒され号泣。涙が止まりませんでした。
 卒業生のみなさん、感動をありがとう。明日に向かって羽ばたいてください!!
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

生徒玄関前を整備しました

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 生徒玄関前は雨や雪が降るととても歩きにくい状態でした。そこで、教育振興会の環境整備費で人工芝のマットを購入しました。今冬は雨が少なくなかなか活躍しませんでしたが、ようやくこの雨で活躍しました。

入学説明会を開催

 今春4月に新町中学校に入学する小学6年生を対象とした入学説明会が15日、体育館で開催されました。少しでも新町中学校のことを知ってもらおうと校長先生をはじめ、生徒会本部役員らが工夫し丁寧に説明。新入生や保護者らも真剣な顔つきで話を聴いていました。勉強や部活動のことは、特に興味があるようでメモをとりながら話を聴く参加者もいました。この説明会を入学準備に役立てていただければ幸いです。
 4月から新しい仲間が約120人増える新町龍学校。かわいい6年生の様子を見ていると、今からワクワクしてきます。4月が待ち遠しいです。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

茂木さんの人権講演会が上毛新聞に載りました

 12月に行われた新町中人権講演会の様子が上毛新聞に載りました。今年は、新町中の頑張っている活動が上毛新聞にたくさん掲載されました。うれしいですね。来年もたくさんいいことで紹介されるよう頑張りましょう!
画像1 画像1

ヒマワリ活動が群馬銀行環境財団教育賞の奨励賞に!

 新町中緑化委員会が取り組んできた「新町 花いっぱい活動」が、群馬銀行環境財団教育賞の奨励賞に選ばれました。ヒマワリの栽培を通して生徒の健全育成を図り、校内と地域の緑化に貢献したということで群馬銀行の財団から表彰され、前期緑化委員長が賞状をいただきました。
 地域パトロールなどで生徒を小さい頃から支えてきた新町サポーターと一緒に栽培活動をすることで、花や自然を慈しむ心、地域の人との絆や感謝の心、被災地を思う心も育てていると評価されたようです。
 来年度は、更に進化したヒマワリ活動に期待が膨らみます。

画像1 画像1

「クリスマスごみ拾い」 上毛新聞で紹介される!

 群馬県新聞シェアナンバーワンの上毛新聞に「クリスマスごみ拾い」が紹介されました。嬉しいですね。
画像1 画像1

きれいな街をプレゼント1  〜クリスマスゴミ拾い〜

 地域の方々にきれいな町をプレゼントしようと「クリスマスごみ拾い」が12月15日(土)、朝7時半から開催されました。これは、新町中生徒会が「わたしたちの住んでいる新町に、きれいな街をプレゼントしよう!」と、呼びかけ行われたもの。生徒76人をはじめ保護者、地域ボランティアの方々、教員ら約90人が集い、新町中から新町駅までの約1キロと駅周辺を4班に分かれてごみ拾いをしました。
 氷点下になる厳しい冷え込みの朝でしたが、予想以上の参加者数に、企画した生徒会本部もびっくり。「休日の朝、自主的に行動してくれる人がこんなに多くてとっても嬉しい」と、頬をゆるませていました。外は寒くても、心の温かさを感じるやさしい穏やかな朝となりました。
  
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

きれいな街をプレゼント2  〜クリスマスゴミ拾い〜

 ごみ拾いをしている様子です。駅に近づくにつれてごみの量が増えてきます。みんなコスプレを楽しみながらニコニコごみ拾いしていました。「うれしいな〜」と、生徒会担当の齊藤先生も素直に喜んでいました。
 解散後は、陸上部が丁寧にごみの分別をしてくれました。本当にありがとうございます。
 この活動は毎年、全国各地40カ所ほどで行われているもので、今年は新町中生徒会も賛同し参加を決めました。高崎市では佐野中学校が新町と同じ15日に実施したそうです。この活動がもっともっと広がっていくといいですね。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

卒業生、茂木洋晃さんの人権講演会

 今年10月にジャカルタで開催されたアジアパラ陸上5000mで金メダルを獲得した唐澤剣也選手(視覚障害T-11class)のガイドランナーを務めた本校出身の茂木洋晃さんをお迎えして人権講演会が12月3日、体育館で開かれました。
 全盲の唐澤さんに伴走者として併走し、掴んだアジアチャンピオン。「お互いを認め合うことで互いに影響し合い、そして、新しい自分が発見できる」と語った茂木さん。辛いことをいくつも乗り越えた2人の絆の強さを感じました。
 茂木さんは2011年に本校を卒業。農大二高に入学し、進学した農大では箱根駅伝で走ることをを目指し厳しいトレーニングを積みましたが、残念ながら夢は叶いませんでした。しかし、唐澤さんとの出逢いによって新しい道を切り開くことになりました。。
 最後に茂木さんは、唐澤さんとの更なる飛躍を誓ってくれました。みなさんで応援しましょう!
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

こころと街のバリアフリーを目指して  −人権講演会−

 人と人との関わりや福祉について学ぶ人権講演会が12月12日、体育館で行われました。講師は、車いすバスケットボールで国体など全国優勝7度、さらに日本代表監督を務めるなど素晴らしい実績を誇る高橋俊一朗さんです。
 両下肢を失った経緯や障害者となり、つらく苦しかった経験。そして感謝の気持ちを持つことで困難な状況を克服し、諦めない気持ちで力強く生きる高橋さんの姿を知ることができました。
 また、障害者目線で見ると、街のバリアフリー化が遅れていることや福祉についての理解が進んでないことを教えていただき、はっとさせられました。
 話の途中で新中男子バスケット部員と実際に試合をしていただき、高橋さんがシュートを決めると会場からは大きな拍手が湧き起こりました。
 「誰にでもやさしく」と高橋さんは全校生徒に訴え、新中生は真剣な顔つきで話しに聴き入っていました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

世界エイズデーキャンペーン

画像1 画像1 画像2 画像2
12月1日は世界エイズデーです。新町中でも保健委員と生徒会本部役員で朝、新町駅でレッドリボンとメッセージカードを配布するキャンペーンを行いました。
進歩するエイズ治療の現在とHIV検査の重要性を伝えるには、知識のUPDATE(更新)が必要です。それがHIV検査のいち早い受検につながり、エイズの蔓延を防ぎます。
自分に関係ないではなく、自分のこととしてエイズやHIVのことについて正しい知識を得たり、考える機会となって欲しいです。

夏のヒマワリと冬のパンジーがコラボ!

 12月にヒマワリの花が咲きました。ビックリ!!(上の写真)
夏に咲いていたヒマワリの種から自然と芽が出てきて花が咲きました。学校の花壇では8月に花が咲き、9月に種を収穫。その際、土の上にこぼれた種から芽が出て、12月になって花が咲きました。何も手を入れてません。自然の力強さを感じます。
 冬の定番、パンジーも真っ盛り(下の写真)
11月に緑化委員会がパンジーの苗を花壇に植えました。しかり根付いて、綺麗に咲き誇っております。
 夏のヒマワリと冬のパンジーのコラボが素敵です。
画像1 画像1
画像2 画像2

古澤君が上毛新聞に大きく掲載!

画像1 画像1
 今年3月に本校を卒業した古澤君が、11月29日付けの上毛新聞で大きく取りあげられました。アルゼンチンで10月に開催された夏季ユース五輪で自己ベストを大幅に更新し、東京やパリ五輪が視野に入ってきました。「親孝行ができた」と、無邪気な面も紹介されています。

火災避難訓練

 11月21日4校時、火災対応避難訓練を行いました。調理室からの出火を想定し、校庭に避難しました。さらに、消防署や瀬間防災の方に来校していただき、避難器具や消火器の使い方も学習しました。
 午後は、1学年の生徒保護者を対象に、災害時引き渡し訓練を行いました。「災害時にどう行動するか」について、家庭で話題にしていただけるとありがたいです。たいへんお世話になりました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

クリスマスゴミ拾い 保護者の方の参加も大歓迎!12月15日(土)朝7:30

 新町中生徒会が「善いことを進んでやろう!」というコンセプトのもとに「クリスマスゴミ拾い」を企画しました。12月15日(土)朝7:30から。集合は新町中で、新町駅に向かってゴミ拾いをします。服装はサンタのコスプレができれば最高ですが、サンタの衣装がなくても赤い服や服に赤が入っていればOKです。さらに服に赤が入ってなくても当日、赤い帽子を配布しますので、「ゴミを拾って新町を綺麗にしよう」という思いのある方ならOKです。ぜひぜひ保護者の方も参加してください。よろしくお願いします。
 この活動は毎年、全国各地40カ所ほどで行われているもので、今年は新町中生徒会も賛同し参加を決めました。
画像1 画像1

「ふるさと新町」 学習発表会の様子が上毛新聞に載りました!

 新町に伝わる獅子舞や合戦の歴史などを地域住民と共に学ぶ「ふるさと新町」の成果を披露した学習発表会の様子が上毛新聞に載りました。(写真1)
 ふるさと新町は、3年生が総合的な学習の時間に7月から取り組んできた活動で、新町しのぶ会の太鼓指導の先生、商工会議所の方を中心とした鎧武者、獅子舞を守り続けてきた地域の方、地域の茶道の先生、新町手話サークルスマイルのみなさんなど多くの人々に教えていただきながら発表することができました。ご支援、ご協力いただいた皆様には感謝の念に堪えません。ありがとうございました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

3校合同セミナー 盛大に開催

 新町1小、2小と新町中学校のPTAが手をつなぎ、新町の子ども達を9年間でしっかり育てていこうという初めての試み「3校合同PTAセミナー」が20日、新町第1小学校の会議室で盛大に開催されました。
 初回の講師は厚生労働省から認定登録をされている教育相談機関「ファミリーサポート桜」のカウンセラー小松典子先生をお招きし「関係の中で育つ自己 〜地域の絆・孤立しない家族〜 」という演題で講演していただきました。
 小松先生は、今の日本の家族の状況や自分の体験を通して子どもの自尊心を高めることが大切と講演で強調。(写真1)また、親と子どもの間に温かな関係を築くためのプログラムを来場者が4人1組になってロールプレイ(体験活動)しました。子どもがテストで悪い点をとったときの親の対応や帰宅時間を過ぎた子どもへの言葉かけなど、具体的で大変参考になる内容ばかりでした。(写真2)
 3校から集まった保護者や学校職員ら約60人は、親と子どものコミュにケーションや子育てについてユーモアを交えた小松先生の話に真剣な眼差しで聴き入り、最後は積極的な質疑応答が行われました。(写真3)
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

新中卒業生の古澤一生くん  なんとユース五輪で銀

 ブエノスアイレスで行われているユース五輪。陸上男子棒高跳びで今年の3月に新町中学校を卒業した古澤一生くんが、なんと銀メダルを獲得しました。自己ベスtを大幅に更新し「将来的には五輪で活躍したい」と語っています。楽しみです。写真は10月18日の上毛新聞です。
画像1 画像1

PTAソフトバレー大会

 新町中PTAの親睦をはかるソフトバレーバール大会が10月13日、保護者や職員、新中女子バレーボール部員の計50人以上が集い、新中体育館で盛大に開かれました。
 「あと、一本」「ドンマイ!」試合が進むにつれ大きな声も飛び交い、3段攻撃やスーパープレーも続出。翌日の筋肉痛を考えないエネルギッシュな動きで、ハッスル ハッスル。ヒートアップしていました。参加した皆様、お疲れ様でした。また、審判や運営に協力してくれたバレーボール部員の皆様、ありがとうございました。
 閉会式では、優勝チームから順に素敵な商品が配られ、怪我もなく盛り上がった楽しい大会となりました。ソフトバレーボールは誰でもすぐにできるスポーツです。今年参加できなかった方は、是非来年、参加してみてください。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

陸上大会 PTA2

 陸上大会で行われた新中マドレーヌ販売は朝から長蛇の列で、販売開始から約2時間で予定数の400個すべてが売れてしましました。ご協力いただきました皆様、本当にありがとうございます。
 「校章の焼き印がいいね」「おししい」「安い」などお褒めのお言葉もいただき、短時間での完売に本部役員も売ってよかったと胸をなで下ろしています。
 もうけを度外視し、生徒や保護者、地域の方々の思い出づくりの一つにと始めたこの行事。マドレーヌを通して新中の素晴らしさを再確認することができました。
 昨年の100個の販売から始まり、今年は4倍の400個。来年は4倍の1600個へ。これは冗談ですが「欲しかったのに売り切れちゃった」という方もいらっしゃったので、来年は若干増量して販売できるといいのかなと考えております。また来年もよろしくお願いします。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31