ヒマワリ活動が群馬銀行環境財団教育賞の奨励賞に!

 新町中緑化委員会が取り組んできた「新町 花いっぱい活動」が、群馬銀行環境財団教育賞の奨励賞に選ばれました。ヒマワリの栽培を通して生徒の健全育成を図り、校内と地域の緑化に貢献したということで群馬銀行の財団から表彰され、前期緑化委員長が賞状をいただきました。
 地域パトロールなどで生徒を小さい頃から支えてきた新町サポーターと一緒に栽培活動をすることで、花や自然を慈しむ心、地域の人との絆や感謝の心、被災地を思う心も育てていると評価されたようです。
 来年度は、更に進化したヒマワリ活動に期待が膨らみます。

画像1 画像1

「クリスマスごみ拾い」 上毛新聞で紹介される!

 群馬県新聞シェアナンバーワンの上毛新聞に「クリスマスごみ拾い」が紹介されました。嬉しいですね。
画像1 画像1

きれいな街をプレゼント1  〜クリスマスゴミ拾い〜

 地域の方々にきれいな町をプレゼントしようと「クリスマスごみ拾い」が12月15日(土)、朝7時半から開催されました。これは、新町中生徒会が「わたしたちの住んでいる新町に、きれいな街をプレゼントしよう!」と、呼びかけ行われたもの。生徒76人をはじめ保護者、地域ボランティアの方々、教員ら約90人が集い、新町中から新町駅までの約1キロと駅周辺を4班に分かれてごみ拾いをしました。
 氷点下になる厳しい冷え込みの朝でしたが、予想以上の参加者数に、企画した生徒会本部もびっくり。「休日の朝、自主的に行動してくれる人がこんなに多くてとっても嬉しい」と、頬をゆるませていました。外は寒くても、心の温かさを感じるやさしい穏やかな朝となりました。
  
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

きれいな街をプレゼント2  〜クリスマスゴミ拾い〜

 ごみ拾いをしている様子です。駅に近づくにつれてごみの量が増えてきます。みんなコスプレを楽しみながらニコニコごみ拾いしていました。「うれしいな〜」と、生徒会担当の齊藤先生も素直に喜んでいました。
 解散後は、陸上部が丁寧にごみの分別をしてくれました。本当にありがとうございます。
 この活動は毎年、全国各地40カ所ほどで行われているもので、今年は新町中生徒会も賛同し参加を決めました。高崎市では佐野中学校が新町と同じ15日に実施したそうです。この活動がもっともっと広がっていくといいですね。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

卒業生、茂木洋晃さんの人権講演会

 今年10月にジャカルタで開催されたアジアパラ陸上5000mで金メダルを獲得した唐澤剣也選手(視覚障害T-11class)のガイドランナーを務めた本校出身の茂木洋晃さんをお迎えして人権講演会が12月3日、体育館で開かれました。
 全盲の唐澤さんに伴走者として併走し、掴んだアジアチャンピオン。「お互いを認め合うことで互いに影響し合い、そして、新しい自分が発見できる」と語った茂木さん。辛いことをいくつも乗り越えた2人の絆の強さを感じました。
 茂木さんは2011年に本校を卒業。農大二高に入学し、進学した農大では箱根駅伝で走ることをを目指し厳しいトレーニングを積みましたが、残念ながら夢は叶いませんでした。しかし、唐澤さんとの出逢いによって新しい道を切り開くことになりました。。
 最後に茂木さんは、唐澤さんとの更なる飛躍を誓ってくれました。みなさんで応援しましょう!
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

こころと街のバリアフリーを目指して  −人権講演会−

 人と人との関わりや福祉について学ぶ人権講演会が12月12日、体育館で行われました。講師は、車いすバスケットボールで国体など全国優勝7度、さらに日本代表監督を務めるなど素晴らしい実績を誇る高橋俊一朗さんです。
 両下肢を失った経緯や障害者となり、つらく苦しかった経験。そして感謝の気持ちを持つことで困難な状況を克服し、諦めない気持ちで力強く生きる高橋さんの姿を知ることができました。
 また、障害者目線で見ると、街のバリアフリー化が遅れていることや福祉についての理解が進んでないことを教えていただき、はっとさせられました。
 話の途中で新中男子バスケット部員と実際に試合をしていただき、高橋さんがシュートを決めると会場からは大きな拍手が湧き起こりました。
 「誰にでもやさしく」と高橋さんは全校生徒に訴え、新中生は真剣な顔つきで話しに聴き入っていました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

世界エイズデーキャンペーン

画像1 画像1 画像2 画像2
12月1日は世界エイズデーです。新町中でも保健委員と生徒会本部役員で朝、新町駅でレッドリボンとメッセージカードを配布するキャンペーンを行いました。
進歩するエイズ治療の現在とHIV検査の重要性を伝えるには、知識のUPDATE(更新)が必要です。それがHIV検査のいち早い受検につながり、エイズの蔓延を防ぎます。
自分に関係ないではなく、自分のこととしてエイズやHIVのことについて正しい知識を得たり、考える機会となって欲しいです。

夏のヒマワリと冬のパンジーがコラボ!

 12月にヒマワリの花が咲きました。ビックリ!!(上の写真)
夏に咲いていたヒマワリの種から自然と芽が出てきて花が咲きました。学校の花壇では8月に花が咲き、9月に種を収穫。その際、土の上にこぼれた種から芽が出て、12月になって花が咲きました。何も手を入れてません。自然の力強さを感じます。
 冬の定番、パンジーも真っ盛り(下の写真)
11月に緑化委員会がパンジーの苗を花壇に植えました。しかり根付いて、綺麗に咲き誇っております。
 夏のヒマワリと冬のパンジーのコラボが素敵です。
画像1 画像1
画像2 画像2
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31