11月になり、朝夕だいぶ冷え込んできました。2学期も折り返し点を過ぎました。これまでの努力や頑張りの成果が、学校生活のあらゆる場面で表れるよう子どもたちの指導や支援に全力で取り組んで参ります。ご理解とご協力をお願いいたします。

9月10日の給食

画像1 画像1
 きょうのこんだて

ジャージャー麺・青梗菜と卵のスープ・高崎の梨・牛乳

★きょうの梨は、高崎の梨です。名前は豊水(ほうすい)といいます。
 糖度が高いおいしい梨が入りました。
★高崎の榛名でとれるおいしい梨は有名です。
★豊水のあとは、幸水や二十世紀などの梨が生産されます。

★高崎は梨だけでなく、桃や梅やブルーベリーなどくだものが収獲できます。
★梨やブドウなどくだものは、夏の疲れを癒やしてくれる効果も期待できます。
 毎日くだものを食べましょう。



9月7日の給食

画像1 画像1
 きょうのこんだて

ごまわかめごはん・さばのみそ煮・きっかあえ・とんじる・牛乳

★きょうは、ちょうようのせっくこんだてです。(重陽の節句)
★ちょうようとは9月9日にあたり、菊に長寿を祈る日です。陽とは奇数のことで、奇数が重なる日そして、奇数の中でも一番大きな数字という意味で重陽といわれています。日本では奈良時代から宮中や寺院で菊を観賞する宴が行われています。

★菊花和えの食用の菊は、香りや甘みがあり酢を入れてサッと湯がくと色鮮やかになります。菊は邪気を払い長生きに効果がある花とされてきました。節句は5つありますが、何の節句かいえますか?しらべてみましょう。
★日にちは、正月の1月7日・3月3日・5月5日・7月7日・9月9日です。
★いま、食べる花(エディブルフラワー)が人気ですが、菊の花は古くから食用とされ、解毒作用やアンチエイジング作用、ガン予防などの効果があるとされるポリフェノール等が含まれています。


9月6日の給食

画像1 画像1
 きょうのこんだて

麦入りご飯・鶏肉のてりやき・枝豆とコーンの磯煮・みそしる ・牛乳

★仕切り皿は、はじめてでしたが、子どもたちは、おかずが混ざらなくていいという声が多くあり喜んでくれましたが、給食室では、凹凸が多く洗いに時間がかかります。ノンブラシの洗浄機がほしいところです。

★きょうは、どんな朝ごはんを食べてきましたか?
★パンだけやごはんだけという人はいませんか?
★体は、日々作られたり、作りかえられたりしています。特に成長期のみなさんは、毎回毎回の食事が大切です。
★勉強に運動にがんばりたかったら、食べなければ、はじまりません。
★はやね・はやおきをこころがけて、朝ごはんを、あか・き・みどりのなかまが食べられるようにしたいですね。
★赤・黄・緑の仲間のたべものがわからない人は、教室の食べものの三色分け表や、献立表をみておぼえましょう。
★一生使う大切なことです。最優先でおぼえましょう。


9月4日の給食

画像1 画像1
 きょうのこんだて
発芽玄米入りごはん・夏野菜カレー・コーンサラダ・ミルク

★子どもたちは、カレーをとても楽しみにしていてくれます。
★1年生も、夏野菜(かぼちゃ・なす・いんげん等)をモリモリおかわりして食べていま した。
 

9月3日の給食

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 きょうのこんだて
サラダうどん・焼とうもろこし・フルーツゼリーポンチ・牛乳

★今日から二学期の給食が始まりました。
きょうは、どんな朝ごはんを食べてきましたか?
パンだけやごはんだけという人はいませんか?
体は、日々作られたり、作りかえられたりしています。特に成長期のみなさんは、毎回毎回の食事が大切です。
★勉強に運動にがんばりたかったら、食べなければ、はじまりません。
はやね・はやおきをこころがけて、朝ごはんを、あか・き・みどりのなかまが食べられるようにしたいですね。
赤・黄・緑の仲間のたべものがわからない人は、教室の食べものの三色分け表や、献立表をみておぼえましょう。
一生使う大切なことです。最優先でおぼえましょう。


●二学期から食器が新しくなりました●

 本校では、高崎市の食器検討の試みとして、写真のとおり、1人合計6種類のぴかぴかの食器とぐんまちゃんのイラスト入りピンクのトレーです。食物アレルギー用のトレーは、はっきりしたグリーンとなりました。
 

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
学校行事
9/10 朝読ボ 集団下校5 諸経費引落
9/11 集会7(音楽)
9/12 縦割り4
9/14 小中特別支援学校書写優秀作品展(〜19日) いじめ防止ポスター展(〜20日)
9/15 P本部・運営委員会3 バザー合同会議