10月を迎え、秋本番となりました。一年の学校生活も折り返しを過ぎ、後半へと入りました。今後も「マスクの着用」「手洗いの励行」「ソーシャルディスタンスの確保」の徹底を図り、子どもたちが「新しい生活様式」に基づいた健康で安全な学校生活を送ることができるよう努めてまいります。また、子どもたち一人一人が、充実した『実りの秋』を迎えられるよう個に応じた指導にも万全を尽くす所存です。保護者の皆様、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

9月15日(火)の学校生活より 〜Part8〜

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 4校時、5年2組は、家庭科の授業でした。「ミシンでソーイング」の単元で、ミシンの使い方について学習を行っていました。
 3校時は、家庭科室でミシンの使い方を角岡先生から教えてもらいました。ミシンに上糸を順番に通したり、下糸を入れて縫う準備を整えたり、子どもたちは四苦八苦しながらミシンの使い方を身に付けようとしていました。
 そして、4校時。いよいよミシンで布を縫う活動に入りました。布を縫うための手順を確認した後、1台のミシンをペアで使って練習布を縫っていました。手縫いと違ってきれいに早く縫えることに、子どもたちは感動していました。(校長)


9月15日の給食

画像1 画像1
 きょうのこんだて
ひじき入り五目ご飯・鯖の味噌煮・けんちんじる・牛乳

★★きょうはお知らせを2つします。1つめは、毎日給食で出ると言ったら
なんでしょう?そうです。牛乳ですね。その容器のデザインがかわります。
どうしてかわるかというと、群馬県産農産物統一ロゴマークという、「ぐんま クオリティー」というマークをつけ、栗本牛乳から、「くりもとたかさき牛乳」という名前に変わるからです。
 ぐんま クオリティーとは、群馬県は、多くのよい質の農畜産物を生産する産地だからです。群馬の野菜やくだものや牛肉や豚肉、牛乳なども全国各地に届けられ、多くの人を笑顔にしています。ぐんまクオリティーは、さらに多くの人に知ってもらうためのシンボルマークです。
今までなじんできた、容器のデザインですが、今週の17日から新しいマークになります。

★つぎに、2つめは美味しいお知らせです。群馬県産の牛肉や、群馬の地鶏(とりにく)やぐんまの最高級ブランドのにじます「ぎんひかり」が給食に登場します。
群馬の牛肉は、古くから肉質がよく、風味豊かな牛肉として知られていました。 美しく変化に富む、大自然の中で一生懸命育てられた「上州牛」「上州和牛」は、国内はもちろん海外にも輸出され、高い評価を得ています。
地鶏は、とりにくですが、昔からの地元のとりの血を引き継いでいます。鶏本来の旨みとコク、適度な歯ごたえが特徴の、高級食材です。
そしてぎんひかりは、群馬県が生み出した最高級ニジマスで、その名を「ギンヒカリ」といいます。
ニジマスは、みなさんがお寿司などで食べるサーモンの仲間です。通常ニジマスは成熟する2年目以降はおいしくなくなりますが、2年目を迎えても成熟せず3年目で成熟するものがあるのを発見しました。それらのニジマスは「ギン」と呼ばれ、肉質を保ったまま大型に成長し、身の締まりや歯応えに優れています。10年掛けて飼育する事に、群馬で成功しました。そして「ギンヒカリ」という群馬のオリジナルブランドとして出回るようになりました。
3つとも、高級なので、料亭やレストランで使われていたので、普段は口に入ることは少なかったのですが、新型ウイルスの影響で行き先をなくした食材を皆さんのために提供してくれることになったのです。
10月のぐんまの日こんだてに、群馬県産の牛肉を使用した「すきやき」、そして11月の二週目には、群馬ウイークとして牛丼や地鶏を使用したカレー、ぎんひかりのフレーク焼き、そして11月27日には、29日の肉の日にあわせて、すきやきごはんを予定しています。
群馬の高級食材がぞくぞくと給食に登場します。楽しみですね。美味しいおしらせでした。





9月15日(火)の学校生活より 〜Part7〜

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 3校時、5年4組は、社会の授業でした。「米づくりのさかんな地域」の学習が終わり、今日から「水産業が盛んな地域」の単元の学習に入りました。
 授業のはじめに、「米づくりがさかんな地域」の単元のテストが返され、答えや考え方の確認を行っていました。その後、「水産業が盛んな地域」の単元の学習へと進みました。
 日本は周りを海に囲まれ、水産業が盛な国です。しかし、群馬県には海がなく、水産業が身近なものではありません。授業では、教科書・資料集・動画資料などを活用し、子どもたちの興味・関心を高める工夫をする必要があります。日本における水産業の現状や今後の課題について、しっかりと調べたり、考えをまとめさせたりしていきたいと思います。(校長)


9月15日(火)の学校生活より 〜Part6〜

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 3校時、5年3組は、英語の授業でした。「This is my dream day.」の単元の学習で、自分がしてみたいことを英語でスピーチための準備の活動を行っていました。
 「自由にできる1日があったら何をするかについて、スピーチで友達に伝えよう」を学習のめあてとして、子どもたちは自分でやりたいことを発表するための原稿を作っていました。
 「ゲームをたくさんしたい」「ディズニーシーへ行きたい」「ハワイへ行きたい」「映画を見に行きたい」など、これまでに学習した英単語を使ってスピーチしたい英文を作っていました。英語に直せない言葉があると、飯嶋先生とミチコ先生に手を挙げて聞いていました。
 次の授業で子どもたちが、どんなスピーチをするのか、楽しみになりました。(校長)

9月15日(火)の学校生活より 〜Part5〜

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 3校時、5年1組は、算数の授業でした。今日から、「整数の性質を調べよう(偶数と奇数、倍数と約数)」の単元の学習に入りました。
 今日の授業では、整数を仲間分けにする問題にチャレンジしていました。「『2』『8』『28』は当たりで、『1』『5』『17』は外れとなっています。『20』は、当たりでしょうか、外れでしょうか?」この問題の答えを子どもたちは、一生懸命に考えていました。
 「2でわり切れるから、当たりです。」「『20』は、偶数だから当たりです。」友達の発表を聞いて、子どもたちはハンドサインで自分の考えを表していました。
 今後の授業では、偶数と整数について理解し、その後倍数と約数の学習に入ります。子どもたちにはこの単元での学習を通して、整数を多面的に捉えることができるようになってほしいと思います。(校長)

9月15日(火)の学校生活より 〜Part4〜

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 2校時、3年4組は、理科の授業でした。「実ができたよ」の単元の学習で、校庭にある学年の花壇に出かけて、ホウセンカの実を観察していました。
 10日前にみんなで除草作業を行った花壇は、とってもきれいに整備されていました。ホウセンカの他に、ヒマワリ・ピーマン・オクラが植えられていました。
 大きく成長したホウセンカには、赤・紫・ピンクの花が咲き、たくさんの実もついていました。今日の観察では、実の様子をスケッチしたり、手で触ってみたりしていました。「細かな毛が生えていて、とてもふわふわしていた。」と子どもたちは、分かったことや感じたことを観察用紙にメモしていました。(校長)

9月15日(火)の学校生活より 〜Part3〜

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 2校時、3年3組は、算数の授業でした。「10000より大きな数を調べよう(大きい数のしくみ)」の単元の学習で、数直線を使って大きな数の概念や数の順序の理解を深めていました。
 数直線を使うと、大きな数の概念や構成が子どもたちに分かりやすくなります。しかし、1目盛りの大きさを的確に把握しないと数の概念がおかしくなってしまいます。数と数の間にいくつの目盛りがあるのかをしっかりと掴ませ、1目盛りの表す大きさを的確に理解させたいと思います。
 授業では、どの子も教科書の問題に真剣に取り組むことができていました。(校長)

9月15日(火)の学校生活より 〜Part2〜

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 1校時、3年2組は、国語の授業でした。「きせつの言葉を集めよう」の単元の学習で、俳句づくりを行っていました。
 授業では、五・七・五の十七音で俳句ができていることや俳句には季節を表す季語が使われていることを、子どもたちは学習しました。そして、子どもたちは、俳句づくりにチャレンジしていました。
 季節を表す季語を決めた子どもたちは、指を折りながら「五・七・五」に合うように言葉を選んでいました。食べ物・行事・思い出など、一人一人が自分の表したい内容を決めて、言葉集めに励んでいました。(校長)


9月15日(火)の学校生活より 〜Part1〜

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 1校時、3年1組は、算数の授業でした。「10000より大きな数を調べよう(大きい数のしくみ)」の単元で、大きな数の大小を比べる学習に取り組んでいました。
 今日の授業では、等号「=」と不等号「<」「>」の記号の意味を知り、数の大きさを比べる学習を行っていました。子どもたちは、教科書の問題を一問一問丁寧に解いていました。答えや考え方を学級全体で確認した後、先生問題(先生の作った問題)にチャレンジしていました。(校長)

9月の折り返しを迎え(9月15日)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 朝夕めっきりと秋らしくなりました。今日で9月も折り返しとなります。本当に月日の経つのは早いものです。
 毎朝、保護者の皆様のご協力により、登校時の検温を行っています。このところ再検温となる子どもは誰もいない状態が続いています。気温が低下したことが大きな要因だと思いますが、保護者の皆様にお子さんが規則正しく健康的な生活を送ることができるようご協力いただいているからだと感謝しております。本当にありがとうございます。
 9月と10月には、各学年の校外学習が予定されています。学校を離れて学習することも、子どもたちの成長には必要なものだと考えます。楽しい校外学習が実施できますようお子さんの体調管理につきまして、今後もよろしくお願いいたします。(校長)

9月14日の給食

画像1 画像1
 きょうのこんだて
こめっこパン・はちみつ&マーガリン・スパゲティーミートソース・チーズとじゃこのサラダ

★きょうは、カルシウムのおはなしをします。
きょうのきゅうしょくの中でカルシウムの多いものはどれでしょうか?
そうですね。一番に牛乳があげられると思います。あと2つあります。さあなんでしょうか。
そうです。サラダに入っている、チーズとちりめんじゃこです。
チーズは何から作られるかというと、カルシウムの多い牛乳を固めてつくるのでもちろんカルシウムが多い食品です。もともとは、小牛のものですが、みなさんが大きくなるために頂いているのです。だから残したら小牛にもうしわけないですね。そんな、すくすく大きくなるための栄養がカルシウムだけでなくたくさん詰まっています。残さず飲めるといいですね。
そしてちりめんじゃこは、いわしの小魚です。いわしのあかちゃんです。小魚のいいところは、あたまからしっぽまで丸ごと食べられるところにあります。だからカルシウムもとれます。
食物アレルギーで、チーズや牛乳が飲めない人は、特に、小魚や桜エビ、魚や、厚揚げなどの豆腐から作る食品、ごまやひじき、野菜では夏に多くとれるモロヘイヤや、冬においしい小松菜にもおおいので、しっかり食べてほしいです。一緒に食べると体に吸収されやすくなるのは、きのこやビタミンの多い野菜や果物です。
そして、外で日光にあたりことも大切です。カルシウムが不足すると、体にちょっとしたへんかがみられます。次のような症状があったら、カルシウム不足を疑ってみましょう。

(1) まぶたがピクピクとけいれんする
(2) 運動もしていないのに、足がつる
(3) もの忘れをよくする
(4) イライラする
カルシウム不足による筋肉活動の低下が原因だったり、脳の神経細胞の働きが低下することによります。
みなさんは成長期でほねや歯ができあがる時期です。カルシウムをしっかり摂ると。丈夫な骨がのびて、しっかりした強い歯になります。心も安定していらいらしてけんかすることもなくなるかもしれません。きょうの、牛乳やサラダ残さずによくかんで食べてみましょう。




ようこそ、先輩!(9月14日)

画像1 画像1 画像2 画像2
 先週から1名、そして今週新たに2名の大学生が加わり、3名の卒業生が教育実習に励んでいます。朝の検温のお手伝いにも協力していただき、本当に助かっています。
 3名の教育実習生は、いろいろな学年の教室へ授業の参観に出かけたり、所属する学年で先生方のお手伝いをしたりしています。教職に就くという夢に向かい、毎日が勉強の連続です。3名の教育実習生には、素直で明るい城東小の子どもたちとの実習を通して、大学の講義では学べないことをたくさん学んでほしいと思います。
 城東小の子どもたちも先輩とのふれあいを通して、毎日の学校生活をより楽しく充実したものにしてください。お互いに頑張りましょう!(校長)

今年度初めての校長室表彰(9月14日)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 今日の昼休みに、今年度初めての校長室表彰を行いました。今回は、水泳大会とGメッセだるま神輿の表彰でした。
 新型コロナウイルス感染防止のために、当分の間は表彰朝礼を行うことができません。表彰については、今後も校長室で行いたいと思います。(校長)


9月14日(月)の学校生活より 〜Part7〜

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 3校時、6年3組は、国語の授業でした。「物語を作ろう」の単元で、1枚の写真を見て自分なりに想像を膨らませて物語を作る学習に取り組んでいました。
 教科書には、ある交差点を渡っているたくさんの老若男女の写真が掲載されています。子どもたちは、その写真の中の一人の人物を主人公に決め、自分なりのストーリーを立てていました。その写真の主人公の身には、これからどんなことが待ち受けているのでしょうか。
 授業では、よい方向へと導かれ、ハッピーエンドに終わる物語づくりを目指して取り組んでいることが分かりました。(校長)


9月14日(月)の学校生活より 〜Part8〜

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 5校時、6年4組は、道徳の授業でした。教科書の「心をつなぐ音色」を読んで、目標を立て希望や夢に向かって、あきらめずに努力しようとすることの大切さについて考えていました。
 この物語は、盲目のピアニスト辻井伸行さん(のぶ君)がピアノ演奏の喜びを知り、世界的なコンクールに出場する姿を描いています。先生から「これ以上よくならないね。もうだめだね。」と言われても、諦めずに努力する主人公。その主人公の辻井さんの生き方に触れることで、子どもたちは夢に向かって諦めずに努力することの大切さを改めて実感したと思います。
 子どもたちの夢は、様々な体験や人々とのふれあいの中で常に変わっていくものだと思います。夢をもつことで、生活が楽しく充実したものになります。常に夢に向かって努力できる、そんな人になってほしいと願っています。(校長)


9月14日(月)の学校生活より 〜Part6〜

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 3校時、6年2組は、算数の授業でした。「形が同じで大きさがちがう図形を調べよう(拡大図と縮図)」の単元の学習を行っていました。
 今日の授業では、三角形の拡大図の描き方について考えていました。2倍の大きさの三角形を描くには、三角形の3つの辺の長さや3つの角の大きさを先ず測る必要があると子どもたちは考えました。3つの辺の長さや3つの角の大きさを測り、子どもたちは2倍の拡大図を描き始めました。いざ描いてみると、3つの方法(3つの辺の長さ、1つの辺とその両端の角度、2つの辺とその挟まれた角度)で拡大図が描けることが分かりました。
 授業の最後には、拡大図に続き1/2の縮図の描き方についても、3つの方法で描けることが確かめられました。(校長)


9月14日(月)の学校生活より 〜Part5〜

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 3校時、6年1組は、社会の授業でした。「武士の世の中へ」の単元の学習で、武士の暮らしの様子について教科書や資料集を使って、調べたり考えたりしていました。
 授業では、武士の館の絵図を見て、分かったことや気付いたことをノートに書き出していました。その後、近くの友達と互いに考えたことや感じたことを伝え合っていました。学級全体でも意見を発表し合い、武士の暮らしについてまとめていました。(校長)

9月14日(月)の学校生活より 〜Part4〜

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 2校時、1年4組は、算数の授業でした。「10よりおおきいかず」の単元で、10より大きい数の並び方(順番)や数の大きさについて学習していました。
 授業では、「かずのせん」を見ながら学習を進めていました。10より大きい数の並び方については、みんなしっかりできていました。
 「13より2大きい数は?」「17より4小さい数は?」の問題では、すぐに答えが分かる子もいれば、「かずのせん」を見ながら考えて答えを求める子もいました。(校長)


9月14日(月)の学校生活より 〜Part3〜

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 2校時、1年3組は、算数の授業でした。「10よりおおきいかず」の単元で、10より大きい数のたし算・ひき算の計算の仕方について学習していました。
 これまでの学習で、10より大きい数の並び方(順番)を考えたり、数の大きさについて比べたりしてきました。今日の授業では、10より大きい数をブロックを使って10といくつに分けて考え、たし算・ひき算の計算を行っていました。みんなしっかりと答えを求めることができていました。(校長)

9月14日(月)の学校生活より 〜Part2〜

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 1校時、1年2組は、算数の授業でした。「10よりおおきいかず」の単元で、10より大きい数の並び方(順番)や数の大きさについて学習していました。
 授業では、「かずのせん」を見ながら学習を進めていました。「12,□,14」の問題では、□に13がみんなすぐに入りました。
 しかし、「10,□,14,16,□,20」の問題では、□にどんな数が入るのかが分からない子が多くいました。「14の次が16になっているね。」「1こ飛ばしになってる!」友達の発言を聞いてどんな数の並び方になっているのか、すぐに閃いた子がたくさんいました。(校長)

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

学校だより

各種お知らせ

保健・給食関係

保健関係

給食関係

PTA