10月を迎え、いよいよ今年度の折り返し点を過ぎました。これまでの努力や頑張りの成果が、学校生活のあらゆる場面で表れるよう子どもたちの指導や支援に全力で取り組んで参ります。子どもたちの活躍をご期待ください!

5月31日(金)の学校生活より 〜Part7〜

 4校時、5年1組は、道徳の授業でした。教科書の「駅前広場はだれのもの」という話をもとに、規則を守ることの大切さについて考えました。
 はじめに、学校生活で守っている規則やきまりについて、子どもたちから意見を出させました。「どうして、シャーペンやボールペンを使っちゃいけないんだろう。」普段からの疑問を話す子もいました。
 次に、教科書の「駅前広場はだれのもの」の話を読みました。駅前の自転車置き場でないところにたくさんの自転車が止められ、歩道を歩く人が自転車を避けながら歩かなければならず困っているという内容の話です。子どもたちは、自転車を置いていく立場と歩いている人の立場になって、どう思っているか考えました。考えがまとまると、隣の友達と互いの考えを伝え合っていました。
 自転車を置いていく立場と歩いている人の立場の気持ちを考えることで、全ての人が気持ちよく生活するためには、規則やきまりを守ることが大事であることが理解できたと思います。規則やきまりを守ることの重要性を理解できていても、なかなか実行できないことが日々の生活の中では見られます。今日の授業をもとに、自分自身の生活での態度や様子をもう一度考えてほしいと思いました。(校長)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
学校行事
6/3 代表委員会3 プール開栓日
6/4 全校朝礼 心臓検診
6/5 縦割り1 眼科検診
6/6 特別6 専門委員会3 第1回学校保健委員会
6/8 土曜スクール3 育成会球技大会